新しい価値とあなたを繋げるメディア

MIRAIYA

イヤホン

【保存版】おすすめなワイヤレスイヤホンの充電ケース13選【知っ得】

投稿日:

ワイヤレスイヤホンを購入したけど、いままでは充電が必要じゃなかったから忘れそう。電池切れを防ぐ方法ってないのかな。

こんな方向けに書いています。
本記事では、ワイヤレスイヤホンの充電問題を、充電ケースによって解決する方法を紹介しつつ、おすすめのイヤホンを紹介していきます。

ワイヤレスイヤホンの充電問題、解決方法とは?


解決方法は2つあります。

その①:完全独立型のイヤホンを持つ 

完全独立型のワイヤレスイヤホンはイヤホンケースが充電器を兼ねていますから「収納=充電」となります。

イヤホンケースがフル充電の場合、大抵はイヤホン本体を2回以上フル充電できます(※機種によって回数は異なりますが、1回だけというケースはほぼ無いです)。

ケース自体の充電を忘れなければ、急に電池切れを起こすことはなくなります。

その②:充電機能付きケースを購入する

もう一つの方法は、充電機能付きケースを購入することです。

充電機能付きケースは、左右一体型やネックバンドタイプのイヤホンでも充電できるケースです。

完全独立型の特徴である「収納=充電」を実現できます。これで「充電したほうがいいかな」といちいち気にかけるストレスから開放されます。

収納 = 充電!完全独立型のおすすめイヤホン10選

それでは順番にみていきましょう。

1.MUSE5

利用シーン ランニング○ ジム○ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? フィット感を重視し、かつ幅広く使いたい人
突出した特徴 完全独立型のワイヤレスイヤホンは種類が少ないが、こちらはカラーバリエーションが豊富。操作性と特許を取得したシリコンスリーブによる快適な装着感もグッド。
スペック 完全独立型・防水性能:IPX5 質量(g):8

2.ERATO Apollo7 アポロ 7 Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス [APOLLO7s Grey]【国内正規品】

利用シーン ランニング○ ジム○ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? 音質と利便性を同時に求める人
突出した特徴 4gと小型の割にしっかりとした低音が特徴。防水性能もスポーツシーンに完全対応。
スペック 完全独立型・防水性能:IPX5 質量(g):4

3.ジャブラ(Jabra) Elite Sport 100-98600000-02

利用シーン ランニング○ ジム○ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? フィットネス用として使いたい人
突出した特徴 IPX7とワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスの防水性能。音楽再生機能の他に心拍数計測機能もあり、フィットネスに最適。
スペック 完全独立型・防水性能:IPX7 質量(g):不明

4.ERATO VERSE

利用シーン ランニング○ ジム○ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? 音質と低価格を求める人
突出した特徴 1万円台ながら高音質。充電ケースを利用することで最大で15時間の連続使用が可能。
スペック 完全独立型・防水性能:IPX5 質量(g):9

5.ERATO Rio3 AERO00SL00

利用シーン ランニング○ ジム○ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? スポーツをする人
突出した特徴 防水性能が高く汗をかいてもしっかりシャットアウト。雨の中のランニングにも。イヤーフックでしっかりホールドするため外れる心配もなし。
スペック 完全独立型・防水性能:IPX5質量(g):14

6.Yell Acoustic Bluetooth ワイヤレスイヤホン Air Twins

利用シーン ランニング△ ジム△ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? スタイリッシュさを求める人
突出した特徴 ころっとした可愛いデザインが特徴。収納ケースはスマホの充電バッテリー代わりにもなる優れもの。
スペック 完全独立型・防水性能:不明 質量(g):10

7.Lesoom Bluetooth

利用シーン ランニング○ ジム○ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? フルワイヤレスを試してみたい人
突出した特徴 完全独立型のワイヤレスイヤホンで防水性能も高く、値段も5,000円以下と手に取りやすい。ワイヤレスイヤホンを試してみたい人におすすめ。
スペック 完全独立型・防水性能:IPX5 質量(g):4.5

8.Triple Tree ワイヤレスイヤホン Bluetooth

利用シーン ランニング◯ ジム△ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? ワイヤレスイヤホンを試してみたい人
突出した特徴 音質は値段相応だが、ワイヤレスイヤホンの軽さ、ハンズフリーの快適さは体感できる。とりあえずワイヤレスを試してみたい人におすすめ。
スペック 完全独立型・防水性能:不明 質量(g):10

9.Jeemak Bluetooth4.2 ワイヤレスイヤホン

利用シーン ランニング◯ ジム◯ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? スタイリッシュさを求める人
突出した特徴 1時間の充電で2〜3時間の連続再生ができる。収納ケースのバッテリーをフル充電すると、4回まで本体の充電が可能
スペック 完全独立型・防水性能:不明 質量(g):9

10.AIKAQI Bluetooth

利用シーン ランニング○ ジム○ 水泳×
ずばり、誰にオススメか? スタイリッシュさを求める人、多機能を求める人
突出した特徴 スマホと連動し、電池残量がスマホに表示されるため充電のタイミングが分かりやすい。防水性能も運動用には充分。
スペック 完全独立型・防水性能:IPX5 質量(g):9

ワイヤレスイヤホンの充電機能付きケース、おすすめ3選

充電機能付きケースは種類が豊富ではありません。3つ紹介します。

1.【日本正規代理店品・保証付】mophie Power Capsule イヤホン用バッテリー内蔵キャリングケース MOP-BY-000151

ケースのバッテリー残量はLEDライトで確認できます。またイヤホン以外の機器にも対応しています。

2.Smatree buletooth ヘッドホン充電 収納ケース S50

Jaybird、Beats、Plantronics、Sony、Jabraなど、ほぼすべてのスポーツ用のワイヤレスイヤホンに対応。

3.Smatree S30 ワイヤレスイヤフォン 充電収納ケース Powerbeats

強度がしっかりしています。少しかさばりますが、充電できるという点はやはり便利。

以上、充電問題に対応する方法と充電ケースの紹介でした。

-イヤホン

Copyright© MIRAIYA , 2020 AllRights Reserved.