新しい価値とあなたを繋げるメディア

MIRAIYA

ITニュース

IoTで家電を操る「Nature Remo」【エアコン・照明・テレビもOK!】

投稿日:

Nature Remoとは

「Nature Remo」を一言で言うと「家中の赤外線リモコンの代わりになる装置」です。赤外線で動く装置は、昔からたくさんあります。たとえ古いエアコンでも、ブラウン管のテレビでも、スイッチのオンオフは「赤外線」です。

「私たちの家のものは古くて対応しているわけない」と思う必要はありません。「Nature Remo」は学習リモコンで、元のリモコンの赤外線を受けてそのリモコンが出せる赤外線情報を覚えます。

ですので、リモコンで動いているものであれば赤外線を受けて学習できるのです。

赤外線リモコンの家電の代表例

IoTで家電を操る「Nature Remo」【エアコン・照明・テレビもOK!】
もちろん、リモコンで動作するのはエアコンだけではありません。

テレビ・DVDレコーダー

テレビのオンオフ・チャンネル切り替え・録画操作なども「赤外線情報」のやりとりで操作します。インターネット経由での番組録画操作や、見ていたら眠くなってしまった場合など、手元のスマートフォンで操作できます。

照明

天井の照明は、コード引っ張り式のものや壁面スイッチのものもありますが、これらがリモコンで動かせるものもあります(シーリングライトなど)。これらの操作をNature Remoから操作できれば、消し忘れだったり、消しにいこうとしたけどリモコンがない…と言うのを防げます。

リモコンセント

例えば、こういう商品があります。これは、コンセントのオンオフをリモコンで切り替えるためのものです。これを使えば、リモコンに対応していない扇風機などでも根元のコンセントのオンオフで切り替えることができます。

スマホアプリだけじゃなく、スマートスピーカー

Nature Remoはスマートフォンの専用アプリから操作します。これだけでも便利なのですが、Google HomeやAmazon Echoなどのスピーカーをお使いであれば、音声アシスタントにNature Remoを操作してもらうことも可能です。

IFTTTをいうアプリを噛ませたり、Alexaのスキルをつかうことで実現できます。連携については、公式ページで解説があります。

これを組み合わせると、ベッドに入ってから一言で「エアコンをタイマーセットして照明をオフ」のような生活ができます。未来の生活という感じがしますね!

Amazon | Echo - スマートスピーカー

スマートな生活・便利な生活のみでなく「高いところにスイッチがあって、こどもでは危険」「足・腰の悪い両親に移動せずに操作できるようにしたい」など、バリアフリーの側面にも期待できます。

IoT家電がこれからどんどん普及していきます。

IoTで家電を操る「Nature Remo」【エアコン・照明・テレビもOK!】
このように、IoT家電は「今、あるものを買い換える」必要なく「今の生活をIoTで管理する」というものもあります。

全部IoT対応でなくても、少しの投資で生活を劇的に便利にすることができますので、ぜひ一度試して見てはいかがでしょうか?

-ITニュース

Copyright© MIRAIYA , 2020 AllRights Reserved.